◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

 
アンティークス トリュフは2007年春より左京区の鹿ケ谷(ししがたに)の広いスペースに引越しいたしました。
ここ鹿ケ谷は京都東山の麓、北に銀閣寺、法然院、南に永観堂、南禅寺を結ぶ、静かでのんびりした、京情緒溢れるエリアです。トリュフは夏の風物詩、五山の送り火で知られる大文字山の麓にあります。トリュフのある鹿ケ谷通りの1本山手を流れる疎水沿いの哲学の道は、哲学者の西田幾多郎が好んで散策し、思索にふけったことなどから、そう呼ばれるようになったそうですが、万人の散歩道として、とっても和める癒しの小路です。春は桜、初夏は、市街地では珍しいホタルが楽しめます。紅葉や雪景色ももちろん美しいですよ。

 トリュフでは、フランスやイギリスを中心に、ヨーロッパを旅して、全て自分達の目と足でアンティークを集めてきます。キッチンウェアに始まり、テーブルウェア、リネンやレースや花柄のクロス、ガラスのランプ、オールドパインやウォールナットの家具まで、ヴィンテージ品から本格的なアンティークまで、古いものだけを表情や質感にこだわって、幅広くご紹介しています。
 
  ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

Antiques Truffle  Kyoto Shishigatani
アンティークス トリュフ 京都・鹿ヶ谷

〒606-8425
京都市左京区鹿ヶ谷西寺ノ前町66
カサブロンセ1F
Tel&Fax/ 075-751-0937
mail / truffle@d7.dion.ne.jp


ご来店の道順

●電車、バスをご利用の場合

京都市バス錦林車庫前下車。黄色っぽいレンガ貼りのビル、図書出版金芳堂さんの角から東へ坂を登って2本目の道(鹿ケ谷通り)を左へ曲がって6軒目です。ご利用市バス系統 
5,17,32,57,93,100,102,203,204

詳しくは、市バス路線図・市バス主要停留所案内図をご参照ください。  ↓↓↓↓

京都市バスホームページへ


●お車でご来店の場合
白川通を北進でお越しの際は、天王町交差点は右折禁止ですので、ひとつ北の信号を右折でご来店ください。
駐車場はショップ北側に1台ぶんご用意しております。
レジ周りにも、クリスマスムードを出してみました。フランスのキャストアイアンのクロスオーナメントは、重厚感があり厳かな雰囲気です。
この春この春と申しましても、どの春のことやら、じつはこのページ、2年ぶりの2016年春の更新です。

店の薔薇は例年より早く、今にも開きそうに蕾を膨らませ、お客さまをお待ちしております。

イギリスで買い付けた、19世紀のブルー&ホワイト達。春の日差しに照らされて、朗らかな表情を浮かべています。味わいのいいもの、色柄も美しいものをコンディションを厳選して集めてきました。
朝日の差しこむ東側の窓際に、スズラン柄の食器と、鉢植えのスズランを。シルバープレートのカトラリーの輝きも清々しい。
シルバープレートや陶器、ガラス等、ヴィクトリア期の華やかな器たち。シルバープレートのケトルはスタンドもしっかり残っています。
深い味わいのウォールナットの家具に、装丁の良い古書が良く似合います
ライブラリーの洋書や雑誌は、ご自由にご覧ください。
ローズカットダイヤモンドリング、ハーフパール飾りのペンダント、象牙彫刻のブローチなど、アンティークジュエリーにしか見られない品々から、普段使いにオススメの、気軽なヴィンテージダイヤモンドリングなど、色々と入荷しています。
レースやホワイトリネン、フラワープリントの生地。ガラスや貝のボタンなどフランスやイギリスのビンテージ品を集めています。
深い色付きのフランスの家具に並べると、不思議と枯れや寂びが滲み出してきます。纏う空気も硬質になり、アイテム一つ一つが存分に存在感を主張しているよう。調和させるよりも、共存させる場所としての懐が深いです。
聖職者が纏うベルベットの祭服、マリア様と天使たちの銅版画、長大なスカルホーン、ガラスドームにはアンモナイトの化石を飾って、個性的なアンティークを集
めた一角・
 WEDGWOODのジャスパーウェアや、19世紀初頭頃の古いカップ&ソーサーなど。